Ecological Planning
〜エコロジカル・プランニングの方法と実践〜

エコロジカル・プランニングとは環境に対する適応性を見つける方法論です。

環境面からのマイナス要因がより少なく、プラス要因がより多くなる“最良”の条件を見いだすことであり、最小のコストで最大の利益をもたらす持続的で効率的な資源利用管理のための手法です。

エコロジカル・プランニングでは地域環境をレーア・ケーク・モデルとして捉え、各々の条件から形成される自然・社会作用を地図上に表示し、必要に応じてオーバレイ評価していくことにより、相互に密接に関連しあいながら時間とともに変化し、複雑に絡み合った自然環境等の特性や機能を具体的に把握していくことにより、資源利用に対する可能性と制約(適合性)を総合的に評価し、自然のシステムに適応した持続的な環境資源利用を図っていくための手法です。

McHarg's skecth ダイヤグラム

エコロジカル・プランニングの方法と実践

日本のユニット区分
エコロジカルプランニングのフロー1
エコロジカルプランニングのフロー2

建築文化『エコロジカル・プランニングの方法と実践』

建築文化T 建築文化U
特集;エコロジカル・プランニングの方法と実践T
■建築文化 1975年6月号 彰国社
特集;エコロジカル・プランニングの方法と実践U
■建築文化 1977年5月号 彰国社

markofrpt
会社概要・沿革

最終更新日:2011年5月16日
Copyright(C)2011 Regional Planning Team Allrights Reserved.